彭永成

(ホウ エイセイ)

ninayongcheng∗gmail.com(スパム防止のため@は∗に表示)

1993年生まれ 中国湖南省出身

研究室幹事

 

学歴:

2011.9-2015.7 武漢大学 新聞と伝播学院 テレビ・ラジオ新聞学専攻

2017.4-2019.3 京都大学教育学研究科 教育科学専攻 修士課程(修了)

2019.4ー現在   京都大学教育学研究科教育学環 教育文化コース 博士課程(在学)

専門分野: メディア史、雑誌研究、女性とメディア

 

研究業績:

1、学位論文/提出論文

◆2015年7月 「日本女性ドラマからみる 女権向上の真偽ー2003年〜2013年のドラマを中心に」(大学学部卒業論文) 武漢大学 新聞と伝播学院提出

◆2017年1月 「アグネス論争期における 『婦人公論』上の“反論派”の役割」(研究生論文) 京都大学教育学研究科提出

◆2019年1月 「ブライダル情報誌『ゼクシィ』に見る 結婚イメージの個人化」(修士論文) 京都大学教育学研究科

 

2、投稿論文

◆2018年1月 「結婚情報誌研究の射程」、『京都メディア史研究年報』第四号、2018年、京都大学大学院教育学研究科メディア文化論研究室、p .113-135、【査読有】(研究ノート)

◆2019年7月 「日米の結婚情報誌の比較研究—結婚情報誌からみるウェディング消費ライフスタイル」(日美婚尚杂志的比较研究-从婚庆杂志来看婚礼消费的生活方式)『ライフスタイル理論システムの構築とイノベーション論文集』(《生活方式理论体系的构建与创新论文集》)、中国社会学年会生活方式研究专业委员会、pp.306-316、2019年7月、【査読有】

◆2020年4月「結婚情報のメディア史—雑誌『ゼクシィ』を中心に」、『京都大学教育学研究科紀要』(第66号)、2020年4月、pp.275-288、【査読有】

◆2020年4月「中国における『家族の個人化』の形ー《谁在你家 中国“个体家庭”的选择》」、『京都メディア史研究年報』(第6号)、pp.195-205、【査読無し】(書評論文)

◆2020年7月「『ゼクシィ』における理想的な結婚イメージの創出ー結婚情報誌からブライダル情報誌へ」、『マス・コミュニケーション研究』(第97号)、pp.125-142、【査読有】

◆2020年「ブライダル情報誌から見る30代花嫁の理想像の構築ー「大人ゼクシィ」の分析を中心に」、『出版研究』(第51号)、pp.1-21、【査読有】

◆2021年4月「結婚情報誌における地方色の喪失ー「九州ゼクシィ」に着目して」、『京都大学教育学研究科紀要』(第67号)、pp.29-42、【査読有】

◆2021年4月「結婚式情報のメディア史ー新聞、雑誌、専門業者の角度から」、『京都メディア史研究年報』(第7号)、pp.155-184、【査読有】

 

3、学会発表

◆彭永成「ネット時代の結婚情報誌『ゼクシィ』 一人勝ちへの道」、メディア政治史研究会(科学研究費「「メディア出身議員」調査による新しいメディア政治史の構想」(代表者:佐藤卓己 基盤研究 B 研究課題番号:15H02792))、鹿児島、2018 年 3 月、【査読無】

◆彭永成「ブライダル情報誌『ゼクシィ』に見る 結婚イメージの個人化」、日本マスコミニュケーション学会2019年度春季大会、立命館アジア太平洋大学、2019 年 6 月 15 日、【査読有】

◆彭永成「日米の結婚情報誌の比較研究—結婚情報誌からみるウェディング消費ライフスタイル」(日美婚尚杂志的比较研究-从婚庆杂志来看婚礼消费的生活方式)、中国社会学学会2019年会、雲南大学、生活方式研究论坛、2019年7月14日、【査読有】

◆彭永成「インターネット時代における結婚式情報メディアの機能転換」、日本ますコミニュケーション学会2021年度春季大会、オンライン、2021年6月6日、【査読有】

 

4、翻訳作業:

(1)論文:

◆河崎吉紀 著、彭永成訳(2019)日本报业史─基于建设性新闻的类比视角(日本における新聞の歴史ーコンストラクティブ・ジャーナリズムとの類推)、『新聞与伝播研究』第26巻・2019年増刊、中国社会科学学院新闻研究所、pp.91-96、【査読有】

(2)発表:

◆河崎吉紀(発表者)、彭永成(訳者)(2019)「日本报业史─基于建设性新闻的类比视角」、国际建设性新闻论坛2019,中国社会科学学院新闻研究所、北京人卫大酒店c801、2019年11月8日、【査読有】

 

5、研究助成・受賞:

◆2017・4ー2019・3 同盟育成会古野奨学金

◆2018・9ー2019・3 京都大学教育学研究科同窓会京友会 研究助成

◆2019・10ー2022・10 中国国家公派留学奖学金

◆2020・6   京都大学教育学研究科国際賞(論文)

◆2021.4-2022.3   吉田秀雄記念事業財団研究助成

 

6、経験・職歴:

2014.2-2014.7  中国湖南衛視テレビ局 実習ディレクター

2015.9-2016.1 中国湖南省外国語高校 日本語教師

2017.4-2022.3 京都大学教育学研究科 ティーチングアシスタント

2019.10-2020.3  京都大学教育学研究科 留学生チューター

2019.4-2020.3  『京都メディア史研究年報』(第6号) 編集長

2020.4-2021.3 『京都メディア史研究年報』(第7号) 記念特集編集委員

2021.4-2022.3 京都大学教育学研究科メディア文化論研究室 リサーチアシスタント

2021.4-2022.3  桃山学院大学 非常勤講師

2021.4 .15                東京経済大学 ゲスト講師