比護遥

higo.haruka.82z∗st.kyoto-u.ac.jp (スパム防止のため@は∗に表示)

1996年 愛知県生まれ

学歴:

2014.4-2018.3 東京大学教養学部教養学科地域文化研究分科アジア・日本研究コース

2015.4-2018.3 東京大学大学院情報学環教育部研究生

2018.4-2020.3(修了見込み)京都大学大学院教育学研究科教育学環専攻修士課程

専門分野:メディア史、東アジア地域研究

 

研究業績

1.  学位論文

◆2018年3月 大学学部卒業論文「『読書』のメディア史:文化大革命から天安門事件への読書人的公共性」東京大学教養学部提出

2.  学術論文

◆2019年4月 “The Politics of What to Read: Cultural Conflict in the Reform-Era of China” 『Educational Changes in a Global Age:京都大学大学院教育学研究科 北京師範大学教育学部 学術交流活動2018報告書』京都大学大学院教育学研究科教育実践コラボレーション・センター、138-152ページ

◆2019年4月 「『読書』のメディア史:文化大革命から天安門事件への読書人的公共性」『京都メディア史研究年報』第5号、13-42ページ(https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/241527

◆2019年4月 書評論文「中国知識人研究へのメディア史的アプローチ:章清『清季民国時期的「思想界」:新型伝播媒介的浮現与読書人新的生活形態」『京都メディア史研究年報』第5号、200-211ページ(https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/241537

3.  口頭発表

◆2018年12月 ”The Politics of What to Read: Cultural Conflict in the Reform-Era of China” (京都大学大学院教育学研究科北京師範大学教育学部学術交流活動、京都大学)

◆2019年6月 ” Toward the Global History of Museum Collection: Some Basic Thoughts on the Transcultural Experience of Meiji-Era Japan” (International Conference “Transcultural Connections: Migration in Asia, Europe and the Americas”, Heidelberg University)

4. その他

◆2018年1月 「联结民众与知识分子的桥梁─日本学生看《读书》杂志:知识分子的过去与未来」『読書』電子版(http://mp.weixin.qq.com/s/9xTTNj0SAOwRhE05pD6Ksw